子供に科学を楽しんでもらうなら学研

ここしばらくは日本人の理科離れが進んでいると言われ、苦手とする子供が多いです。原因は様々ですが、その一つに学校で理科の面白さが十分に伝わっていない事が指摘されております。学校によっては全く実験は行わないところもあります。理科は、科学技術は社会を築く大切な土台となる一つであるために、子供には関心を持って欲しいところです。そのためにはまずは面白い、楽しいと感じる事が大切です。学研ならば楽しみながら科学を学習する事が出来ます。学校の教科書では、なかなか理解が出来ずによく分からない事でも丁寧に説明してくれます。身近にある科学についても説明してくれるので、こんなに面白いものだったのかと関心を持ってくれる子供も多いです。現在、子供がいるお父さん、お母さんでも子供の頃に学研の教材に触れた経験をお持ちの方も多いのではないでしょうか。学研に触れた経験がある方ならば、子供だけではなく大人も一緒になって当時を懐かしみながら楽しむ事が出来ます。もちろん、触れた機会の無い方でも子供と一緒に楽しむ事が出来るでしょう。大人になって社会で活躍していくためには、子供のうちから様々な事を勉強したり、興味を持つ事も大切です。自分の子供は将来立派になって欲しいと思うのは親であれば当然です。そのための手助けの一つとして、ぜひ御利用下さい。

学研の科学は体験する学習

学研の科学は学習の意味を理解してもらおうと、コンセプトを持ってはじまった教材です。それは想像力や考える力や実験や行動でした。自分ですすんで楽しめるようにいろいろな工夫がされています。それは切り抜きだったり組み立てだったり結果が楽しめるものです。また漫画から勉強出来るように工夫されています。有名な漫画家が連載を持っていたりして、この学研の科学という本がものすごく力を入れていたのがわかります。科目としては実験的要素が楽しめる理数系の学習本でした。そして評判が良かったのが数々の付録です。生物を飼育するセットや音楽を聞くプレーヤーや磁石やラジオや顕微鏡などたのしめるものばかりです。とくに音が出せる教材は基本的な原理が実体験で学べますし、生き物は生から死までの生き物の一生を学ぶことが出来ます。また見えるものの幅が広がるミクロの世界など、学校で学ぶことをさらに自分なりに深めて学習することが出来ます。販売も家庭への直販が販売方法であり、現在でもこの方法で販売している業者も多いですから先見の明がありました。途中からは店頭販売も始まり、定期的に購入していなくても購入が可能になりました。体験して自分で学ぶ姿勢は、現在もいろいろな教材でいきています。