学研といえば、やはりこれでしょう。

学研といえば思い出すもの。それはやはり、この会社が出版していた子供向け雑誌であろう。この雑誌には、小学校の頃ずいぶんお世話になったものである。中身も面白かったし、教材も魅力的だった。思えば、年代別にテーマを変えて、それに見合った教材もつけて、当時の編集部諸氏は大変だっただろうと思われる。科学大国日本は、この雑誌の貢献も大きく後押ししているのかもしれない。現在、残念ながらこの雑誌は発売されていないが、その分、学習塾や実験教室などの、教育関係に力を入れているらしい。この辺りはさすがに学研といえる。むろん参考書も発行しているし、また、絵本やムックなども取り扱っている。しかし、学研のターゲットは、子供向け、教育関係だけにはとどまらない。結構意外なものも出している。それは、スポーツ雑誌である。子供とスポーツといえば、ある程度の関連性はあるかもしれないが、この出版社がサッカーやゴルフの雑誌を出しているというのは、初耳という人も多いのではないだろうか。しかもこれが、大人が読んでもなかなか面白い。子供のころ科学雑誌でこの出版社を知り、大人になって、再び同じ出版社のゴルフ雑誌を手にする、これもひとつの縁なのかもしれない。

幼児期の基礎学習力向上に学研の教室

学研教室は算数と国語などを中心に、幼児期の基礎学習力向上に最適なシステムになっています。楽しみながら基礎的なことが学べる教材となっており、自分で学習する習慣をつけるには最適です。文字や数、知育などそれぞれ徐々に段階を踏まえて教材をこなしていくだけで、しっかりとした基礎力が自然に身につけることができるようになっています。学研の教室は基礎力を考える力そのものと捉え、考える力こそが基礎力であるとのコンセプトのもと小学校入学を安心して迎えることができる教材や指導を行なっています。もちろん、徳育教育も力を入れているので、勉強だけ出来ればいいといった教育にはなっていません。お子様の個性成長に合わせてコースも選べるので、基礎力をしっかりと付けたい方にも、個性や考える力、創造性などを求める方にも対応できるようになっています。教材は級に分かれて適切な学習を行えるようになっています。ひらがなや文章の読み取り、数の理解などをスムーズにできるように工夫がなされています。強化の学習を支える思考力の育成に力点をおいた教材になっているので、基礎力がついたあと、本格的な小学校の学習を始めた際に、吸収力や理解度が高くなってきます。合理的で楽しめる教材になっています。