楽しく学べる学研のまんが教材

お子さんがいらっしゃる家庭では、お子さんに勉強しなさいと毎日のようにお母さんは言っていることだと思います。しかし、親の言葉をなかなか聞いてもらえず、勉強机に座らせるのも一苦労ではないかと思います。なぜ、お子さんは勉強をしてくれないのでしょうか。答えは簡単です。勉強はつまらないからやりたくないのです。ではどうすればつまらない勉強をしてくれるようになるのでしょうか。勉強はつまらない物ではない、楽しい物なんだと教えることが必要になってきます。お子さんが好きなものの一つにまんがが挙げられます。まんがを利用して楽しく学習できるのが学研のまんがシリーズです。様々な題材をまんがで楽しく教えていくので勉強が嫌いなお子さんでも勉強している感覚が無いのにもかかわらず知識が増えていきます。学習まんがの中でも学研のシリーズはベストセラーなので安心の教材です。何を買い与えたらいいのかわからないお母さんにはまず手に取っていただきたいと思います。ロングセラーの日本の歴史や、世界の歴史などをはじめ、新秘密シリーズで身近な不思議や普段疑問に思っていることが解決する物まで幅広くラインナップされています。まずはお子さんと一緒に、遊び感覚で読んでみてはいかがでしょうか。

学研の付録にみる魅力とは

学研は、書籍のデリバリーの最先端でした。今から30年前、おばさんが配達してくれるということを前面にアピールしたCMや広告が一世風靡しました。子どもたちは、おばさんが配達してくれる書籍をまだかな、まだかなとキャッチフレーズを口ずさみ心待ちにしたものです。この書籍は、一般の本屋で売られている小学生向けの雑誌や学習書とは一線を画しています。この書籍の付録は、一般の雑誌と違い付録が豪華なのです。付録のクオリティーは一般の玩具に劣りません。一般玩具は楽しく遊ぶことを目的としていますが、この付録は楽しみながら観察したり実験したりといったことを通し、子どもに考える力、探究心などを養っていけるようになっているのです。そのため驚くべき付録が毎月ついてくるのです。天井に星空を再現できる映写機がるいてきて、星や光に影といったことが学習できるのです。水噴射ロケットといって空気の圧縮でロケットを飛ばし、空気の威力を体感できるのです。また昔はカブトガニの生態を観察できるよう飼育セットとカブトガニの卵が付録でついてきて、驚きと注目を集めました。このように学研には科学をおもしろく体感でき、考える力を養い、良い情操教育にもなるものなのです。